埼玉県T・S様のお写真

女性:34歳 男性:34歳

不妊治療に至る経緯
32歳で結婚し、33歳ぐらいから排卵検査薬などの使用で妊活を始めたところ、生理周期が38日~40日と長くなってしまい、排卵検査薬もうまく反応しないため産婦人科を受診しました。
すると多嚢胞性卵巣症候群ぎみだということが判明し、うまく排卵していないとのことでした。
何ヵ月から投薬で様子をみたのですが、あまり改善しないので医師から不妊治療外来で本格的に治療した方がいいのではと提案がありました。

まさか自分がとかなり落ち込みましたが、もうそのときには34歳と3カ月になっており、早い方がよいと思い決断し、不妊治療が始まりました。
そのころから、イースタティックミネラルの存在を知り飲用し始めました。
不妊治療は出口の見えないトンネルをずっと歩いている気持ちでした。タイミング療法を五回、人工受精を四回行い、「もう35歳だし体外受精にステップアップかな…」と心身共に疲れたときに、妊娠が判明。
病院にいき、五週目に子宮に胎嚢が、六週目後半に心拍が確認できた時は、エコーを見ながら喜びのあまり自然と涙が出てきました。
エコーで診察しているとき、お医者様や看護師さんもみんな集まって来て「良かったね!おめでとう!」と皆さんでお祝いの言葉をかけてくださいました。

不妊治療外来も卒業し、産婦人科に転院して今は赤ちゃんは10周目になりました。
エコーの時に、赤ちゃんが手足をバタバタさせて、まるで赤ちゃんが「ママー、こんにちは」っていってくれているようで幸せです。
これからが大事な時なので、体調管理を怠らず、無事に出産しこの子を育てていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
イースタティックミネラルを飲み続けて良かったです。
治療内容
タイミング療法5回、人工受精4回
感想
サプリメントを飲んで人工受精をするとき、夫の精子の運動量が驚くほど活発で先生に誉められるくらいだった。私の卵子も形がきれいだと誉められた。ので、イースタティックミネラルが効いていたんだと思いました。

細胞内のミトコンドリア量の増加を確認

イースタティックミネラルES-27配合(イースタティックミネラルES-27、オリーブ葉抽出物、ジオスゲニン、アグリコン型イソフラボンの4成分が配合)を用い、マウスの経口摂取による細胞内のミトコンドリア増加量を比較しました。

細胞内のミトコンドリア増加量

▲ 細胞内のミトコンドリア増加量

精子の活動率が改善

同時に男性被験者に関しては、精子の活動に関しても比較調査をしました。

[動画が見れない方はこちら]

ヒト男性の精子は、その内部に備わったミトコンドリアの産生するエネルギーを原動力としており、酸化の影響によってその運動性は大きく低下してしまいます。
ミトコンドリア細胞の活性と酸化抑制により、服用前に比べ精子量の増加と活発な動きが確認されました。

イースタティックミネラルのATP生成メカニズム

イースタティックミネラルのサプリメント化と利用者割合

  • 飲用者割合

    イースタティックミネラルES-27飲用者割合

  • ご利用者様のご年齢

    奥様 954 名中

    (2021年12月現在)

    最高年齢
    40代以上
    345名
    30代後半
    430名
    30代前半
    147名
    20代
    33名
    旦那様 289名中

    (2021年12月現在)

    最高年齢
    50代以上
    10名
    40代
    120名
    30代
    146名
    20代
    12名

  • 飲用期間

    イースタティックミネラルES-27飲用期間

  • 飲用期間別のご飲用割合

      1ヶ月未満
    19%
    2〜4ヶ月
    49.46%
    5ヶ月以上
    31.54%
    40代〜 34.38% 35.53% 47.67%
    30代後半 31.25% 35.53% 39.53%
    30代前半 26.56% 24.34% 11.63%
    20代 7.81% 4.61% 1.16%