東京都Y・Y様のお写真

女性:30歳 男性:32歳

不妊治療に至る経緯
子宮内膜症で手術をしたものの、2年経っても授かることが出来ず不妊治療を始めました。
検査の結果、卵巣予備能の値(卵子の残り)が低くタイミング法から早くステップアップした方が良いとの事で、人工授精2回してから体外受精へとステップアップしました。
1回目の採卵で2つ受精卵が出来たものの、グレードがあまり良くなく移植しましたが着床しませんでした。
卵子の質が良くなかった為3か月治療を休み、卵子の質を上げることになり、レーザ治療とイースタティックミネラルを飲みました。
そして、2回目の採卵で2つ受精卵ができ、その2つを移植したところ2つとも着床してくれました。
治療内容
タイミング法4回、人工授精2回、体外受精(採卵2回、移植3回)
感想
飲む前より受精卵のグレードが良かったので、卵子の質が良くなったのかなと思いました。

細胞内のミトコンドリア量の増加を確認

イースタティックミネラルES-27配合(イースタティックミネラルES-27、オリーブ葉抽出物、ジオスゲニン、アグリコン型イソフラボンの4成分が配合)を用い、マウスの経口摂取による細胞内のミトコンドリア増加量を比較しました。

細胞内のミトコンドリア増加量

▲ 細胞内のミトコンドリア増加量

精子の活動率が改善

同時に男性被験者に関しては、精子の活動に関しても比較調査をしました。

[動画が見れない方はこちら]

ヒト男性の精子は、その内部に備わったミトコンドリアの産生するエネルギーを原動力としており、酸化の影響によってその運動性は大きく低下してしまいます。
ミトコンドリア細胞の活性と酸化抑制により、服用前に比べ精子量の増加と活発な動きが確認されました。

イースタティックミネラルのATP生成メカニズム

イースタティックミネラルのサプリメント化と利用者割合

  • 飲用者割合

    イースタティックミネラルES-27飲用者割合

  • ご利用者様のご年齢

    奥様 954 名中

    (2021年12月現在)

    最高年齢
    40代以上
    345名
    30代後半
    430名
    30代前半
    147名
    20代
    33名
    旦那様 289名中

    (2021年12月現在)

    最高年齢
    50代以上
    10名
    40代
    120名
    30代
    146名
    20代
    12名

  • 飲用期間

    イースタティックミネラルES-27飲用期間

  • 飲用期間別のご飲用割合

      1ヶ月未満
    19%
    2〜4ヶ月
    49.46%
    5ヶ月以上
    31.54%
    40代〜 34.38% 35.53% 47.67%
    30代後半 31.25% 35.53% 39.53%
    30代前半 26.56% 24.34% 11.63%
    20代 7.81% 4.61% 1.16%