北海道A・F様の症例報告

顕微授精7回。自然妊娠しました。

北海道A・F様のお写真
ご年齢 奥 様:44歳
旦那様:40歳
何を飲用されていましたか? 奥 様:イースタティックミネラル
旦那様:-
飲用期間は? 奥 様:2年
旦那様:-
1日飲用量目安は? 奥 様:3粒
旦那様:-
感想
★★★★★ ★★★★★

癖がなく、毎日続けることに抵抗なく過ごしてきました。私は顕微授精に挑戦し、1回目の採卵では1個も凍結できなかったものが、このサプリメントを飲んで2か月で凍結できるようになったため、イースタティックミネラルの効果を信じています。

不妊治療について
不妊治療の期間は? 2年
不妊治療にかかった費用は? 300万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド、テイゾー
治療の内容は? 顕微授精7回、人工授精3回、タイミング法2回。

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。
顕微授精7回。凍結胚盤胞を移植しても妊娠に至らなかったため、卵管の検査や子宮筋腫の摘出手術を受けたりし、ようやく自然妊娠しました。

顕微授精→人工授精→タイミング法→自然妊娠とステップダウンしています。最初の検査で両卵管閉塞を指摘されたこと、精液の検査に若干の不安要素があったことから、最初から顕微授精で不妊治療をスタートしました。しかし、誘発剤や採卵手術による身体への負担、通院回数や費用の負担が重いのに結果が出ず、精神的にかなり落ち込んでしまったことから、子宮筋腫の手術や卵管造影の検査を受けてステップダウンをしていきました。
おそらく、ステップアップしていたら不妊治療の終わり方に苦労していたと思います。結果論ですが、そうした意味ではステップアップとは逆のルートを辿ってよかったと考えています。
サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?
1回目の採卵後、培養中の胚のすべてが分割をストップしたため。インターネットで原因を検索したところ、卵子の老化によるミトコンドリア不足という原因のひとつに納得がいき、今できる最大限のことをしようと思ったから。
子作りをするために何に気をつけていましたか?
ウォーキングなどの運動をすること、食事では鉄分とタンパク質を多めに摂ること、体を冷やさないようにすること。
おすすめの気分転換
旅に出ること、美味しいものを食べること、温泉に入ること
妊娠が分かった時期
生理予定日を1週間過ぎて、妊娠検査薬で陽性反応が出ました。予定日後も高温期が続くことは認識していましたが、体調面での妊娠の兆候はまったく感じませんでした。
不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。
妊娠・出産までの時間は限られていますが、今できることに何でもトライして取り組めば、後々自分たちが後悔しないと思っています。