卵子・精子の機能回復を目指すイースタティックミネラルES-27の研究

以前に症例報告をいただいたお客様より、ご出産のご報告をいただきました。

※画像転用は一切禁止とさせていただきます。
※イースタティックミネラルES-27とは医療・医薬品ではない成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。当サイトで紹介しているイースタティックミネラルES-27の研究・検証結果・症例等の報告には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。また一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。

イースタティックミネラルES-27症例報告

イースタティックミネラルES-27のご利用者様から届いた
およろこび報告をご紹介させていただきます。

直筆のお手紙をいただきました

35歳を過ぎると低下する女性の妊娠力

女性の妊娠力は30歳ごろから徐々にが低下しはじめ、35歳を過ぎるとその低下傾向が強くなり、さらに40歳を過ぎると急速に低下してしまいます。

また体外受精など生殖補助医療(ART)の妊娠率、生産率、流産率を調べたデータでは、30歳以降妊娠率が低下しはじめ、35歳ごろからは妊娠率の低下に加え流産率の増加が顕著になってきます。

※出典:一般社団法人 日本生殖医学会「女性の加齢は不妊症にどんな影響を与えるのですか?」

そのため女性は35歳を過ぎると卵子の質の低下など妊娠力低下への対策が重要になってきます。
できれば30代ぐらいから徐々に対策するのが望ましいでしょう。

またこれは女性だけにいえる事ではなく、男性も加齢とともに造精能力は低下し妊娠力が低下するため、早めの対策が重要となってきます。

  • 飲用者割合

    イースタティックミネラルES-27飲用者割合

  • ご利用者様のご年齢

    奥様 954 名中

    (2022年8月現在)

    最高年齢
    40代以上
    345名
    30代後半
    430名
    30代前半
    147名
    20代
    33名
    旦那様 289名中

    (2022年8月現在)

    最高年齢
    50代以上
    10名
    40代
    120名
    30代
    146名
    20代
    12名

  • 飲用期間

    イースタティックミネラルES-27飲用期間

  • 飲用期間別のご飲用割合

      1ヶ月未満
    19%
    2〜4ヶ月
    49.46%
    5ヶ月以上
    31.54%
    40代〜 34.38% 35.53% 47.67%
    30代後半 31.25% 35.53% 39.53%
    30代前半 26.56% 24.34% 11.63%
    20代 7.81% 4.61% 1.16%

女性:37歳 男性:41歳

不妊治療5年でタイミング等や手術をしたりを経て病院に通っていましたが37歳でAMHが0.65の数値が出ました。
体外受精にステップする決意をし、とにかく質のいい卵を出したい!と必死にサプリメントを探しました。ネットでイースタティックミネラルを見つけ1カ月飲み採卵。卵が3つ取れ1つは使えない卵、後2つは未熟卵と成熟卵でした。この2つの卵を顕微受精と自然受精し、自然受精が受精に成功し凍結しました。2度目の採卵では(イースタティックミネラル2ヶ月目)2つ成熟卵で2つとも顕微受精で成功。1つは凍結し1つは胚盤胞まで育てて凍結。その月に移植し妊娠成功しました。

イースタティックミネラル

女性:33歳 男性:27歳

1番目出産後、夫婦仲が悪化したこともあり1年仲良しはなくけれどやはり兄弟を作りたいとおもったものの中々出来ず、3年目で婦人科に、タイミング法から始まり、他院へ紹介状を書いてもらい転院。そこから約1年、タイミング法、人工授精をしました。

イースタティックミネラル

女性:39歳 男性:31歳

流産を繰り返していました。流産をしていてもしっかりつわりがあり、流産手術後も体力的にとてもしんどかったです。体力を付けなければと思ったのと、何か卵子に良いものはないかとネット検索し、イースタティックミネラルにたどり着きました。2つ目を飲み始めたところで妊娠が分かりました!

イースタティックミネラル

不妊治療症例サーチ

不妊治療で妊娠した症例の中から
検索することができます。